No.005こころもとのかたち

0

  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f
  • Rolleiflex 2.8F , Planner 80mm 2.8f

「こころもとない」
頼りがなくて不安な状態。

長いこと同じ場所に住んでいると、その場所はいつの間にか安心して心と体を預けられる自分にとっての居場所になってくる。
「こころもと」がしっかり根を張っている。
しかしそこから他の場所に移動しようとすると、当然のことながら、その「こころもと」は一旦帳消しになってしまう。
「こころもと」がまた重さを持つようになるまでの少しのあいだ、「こころもと」はふわりと宙に浮かんでしまうのだ。
その気分はどこか、旅の途中の恍惚感にも似ていると思う。

この夏に住み慣れた部屋から引越しをした。
そのとき僕は、その旅の「こころもと」の輪郭を見ていたのだと思う。